テレビのCMなどで、過払い金という言葉を聞いたことがありませんか。
この過払い金というのは、かつての消費者金融の金利に端を発しています。

レイクの過払いといえばこちらです。

元々消費者金融では、法定金利の上限が20パーセントに定められていたのですが、29.2パーセントまでの金利であれば、罰則規定がありませんでした。

そのため、20パーセント以上の金利をつけてお金を貸す消費者金融が多かったのです。


しかし2006年の最高裁判決で、この金利が問題となりました。同時に、消費者金融を監督する貸金業法の再検討も行われるようになり、消費者金融の利用者からは、払い過ぎた分の金利を取り戻す動きが出て来ました。

この払い過ぎた金額が過払い金です。最終取引から10年以内であれば、今でも請求することができます。



請求方法は、自分で今の金利で計算し直して請求するか、弁護士または司法書士に依頼するのかのどちらかです。消費者金融との交渉もありますので、できれば弁護士または司法書士に依頼するといいでしょう。
事前に相談がありますので、その時に契約書や明細など、利用状況がわかるものを持参するのがお勧めです。

有望なコトバンクの情報を手に入れてみませんか?

また、過払い請求をすると信用情報にブラックが登録されないかと気にする人もいますが、その心配はありません。

一方で貸金業法の方ですが、2010年に改正貸金業法が施行されました。これにより、20パーセントを超えてお金を貸した消費者金融は処罰対象となり、また借り過ぎを防ぐため、総量規制が盛り込まれるようになりました。